BIOGRAPHY

市原 愛     ソプラノ

神奈川県生まれ。 北鎌倉女子学園高等学校音楽科を経て東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。

 

明治安田クオリティオブライフ文化財団の海外音楽研修生、また文化庁芸術家在外研修員としてミュンヘン国立音楽大学大学院を修了。

 

東京藝術大学在学中より、ソロリサイタルやコンサート出演、またシドニーオリンピック日本選手団解団式での「君が代」独唱、国立劇場における内閣府主催天皇陛下御在位10年記念式典における演奏、敬宮愛子様ご誕生を記念したロイヤル・ガラ・コンサートに起用されるなど才能と素質は高く評価されてきた。

 

ドイツ留学後は、ミュンヘンのプリンツレゲンテン劇場、バイロイトの辺境伯歌劇場、バーデン州立歌劇場のヘンデル音楽祭に、ドイツ初演のバロックオペラ「アラリーコ」のプラチディア役で出演。 2007年2月アウグスブルクのゲッギンゲン・クアハウス劇場におけるオペレッタ「こうもり」のアデーレ役では、その歌唱と演技に満場の客席から大喝采がよせられた。同年9月ハンブルガー・カメラータのシーズン幕開けの定期演奏会ではハイドンのオペラ「アルミーダ」のタイトルロールに抜擢され、新聞紙面で“ソプラノ界の新星”と絶賛された。同カメラータの公演には3年連続で出演している。07年12月にはウルフ・シルマー指揮のミュンヘン放送管弦楽団に客演。 シルマー氏の信頼を得て、その後も共演を重ねている。これらの演奏はバイエルン放送やドイツラジオベルリンなどでも放送されている。

 

国内では、小澤征爾、クリスティアン・アルミンク、ハンス=マルティン・シュナイト、ヘルムート・ヴィンシャーマンなどの指揮のもと、スイスロマンド管弦楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団などと共演。 08/09シーズンは、アウグスブルク歌劇場の専属ソロ歌手として契約。オッフェンバック「天国と地獄」オイリディケ役ほか、年間約70公演に出演。2010年度CHANEL Pygmalion Daysアーティスト。

 

これまでに、ドイツ歌曲をヘルムート・ドイチュ、フランス歌曲をセリーヌ・デュティイ、 声楽をエディット・ヴィーンズ、児島百代、保永秀樹、原田茂生、朝倉蒼生の諸氏に師事。 現在ヨーロッパと日本を中心に、リサイタルやオペラ、コンサートのほか、宗教曲のソリストとして活躍している。

 

2013年12月のトリノ王立歌劇場日本公演ではヴェルディ「仮面舞踏会」でオスカル役に、また 2015年2月~4月には錦織健プロデュース・オペラVol.6「後宮からの逃走(モーツァルト)」の全国ツアーでブロンデ役に起用され、その歌唱力と演技で聴衆を魅了した。2015年10月にオクタヴィア・レコードよりファーストアルバム「歌の翼に」をリリース。

 

<これまでの主な受賞歴>

 

第52回全日本学生音楽コンクール 第1位
第44回鎌倉市学生音楽コンクール 鎌倉市長賞(総合第1位)、ベルトラメリ能子賞
鎌倉市政教育文化功労賞
第13回日本モーツァルト音楽コンクール声楽部門 第1位
第1回マルチェッロ・ヴィオッティ記念国際声楽コンクール2007 第2位および聴衆賞
ニュルンベルク・アウグスブルク音楽大学声楽コンクール 第1位およびヴァルター・ヴィーデマン賞
第27回国際ハンス・ガボア・ベルヴェデーレ声楽コンクール ハンス・ガボア賞
鎌倉市政教育文化功労賞  
神奈川文化賞未来賞