新年のご挨拶を申し上げます!

遅ればせながら、新年のご挨拶を申し上げますとともに

本年も皆様にとって素晴らしい1年となりますよう心よりお祈り申し上げます!

 

12日には、ザ・シンフォニーホールにて新春コンサートに出演させて頂きました。

私にとりましては、いよいよ出産を3月に控え、新幹線移動をしての演奏は

産休前最後となった訳なのですが、このような節目に

大好きな円光寺雅彦マエストロ(お父さんにしたい指揮者No.1だそうです…!)、

スタッフの皆様も含めてこちらも大好きという以外に言葉の見つからない

大阪フィルハーモニー交響楽団の皆さん、大スターのテノール・福井敬さん、

新進気鋭のヴァイオリニスト・成田達輝さんと共演させて頂き

恵まれた環境で演奏させて頂けたことを心より幸せに思っております。

(写真はすべて大阪フィルのブログより許可を得て転載させて頂いております。)

 

また昨日は、私が高校生で声楽を始めた時からの恩師である児島百代先生の

80歳を御祝いするコンサートのために、多くの門下生が鎌倉芸術館に集まりました。

ソプラノの浜田理恵さんをはじめ、素晴らしい先輩方をお育てになってきた

先生ですので、この日の出演者は本当に豪華で、プログラムも盛りだくさん…!!

最終的には4時間半の長い公演となったようです。


私は北鎌倉女子学園中学校の音楽コースにピアノ科で在籍していたのですが、

3年生の時の文化祭で、所属していた合唱部でオペレッタを上演する機会があり

ソロで歌う私の声を児島先生が偶然聞いていらしたのです。

それから職員室でお目にかかる度に“声楽に転向してみない?”と口説いて下さり…!!

その当時、ピアノについてもコンクールで賞を頂いたり、

ようやく“それなり”になってきていた所でしたので

当時の私のピアノの先生にもご相談しながら、本当に本当に悩んだのですが

児島先生の熱心な“口説き”にのっかってみる(!)決心をし、

今の私がある…という訳なのです。

改めて、先生に感謝の気持ちで一杯となった昨日でした。

これからも、先生のご健康とご活躍をお祈り申し上げます!!

 

昨年末に出演させて頂いた公演についても、また折を見て

写真とともに振り返りたいと思っています!

お腹も随分大きくなっていた中、特に昨年12月はスケジュールも立て込んでいたので

スタッフの皆さんが本当に気遣って下さり、細かいケアをして下さいました。

そのお陰で、一度も体調を崩すことなく、全ての公演を無事に終えることが出来ました。

お腹に赤ちゃんがいる、という人生の中でそう何度もないであろう(?!)状況の中で

これだけ多くのステージを経験させて頂けましたことは、

私にとっても、お腹の赤ちゃんにとっても最高に幸せなことだと確信しています。

赤ちゃんが生まれ、成長しましたら、この充実した日々のことを

話したいと思っています!