妊婦日記〜肌のトラブル

手のひらに乗ってしまう、こんなに小さな靴下…!!

友人がプレゼントしてくれた物なのですが、これを見て

どんなに小さな、小さな身体の赤ちゃんが自分の元にやってくるのか、改めて実感しました。

子供の干支は“蛇”になるので、我が家では安産祈願のお札と共に、写真の置物を飾っています。

これは、先日福井県あわら市を訪れた際に戴いたもので、

福井県特産でもある越前和紙の民芸品のようです。とても優しい顔をしていますし

幸運を呼ぶ四葉のクローバーも一緒なので、きっと赤ちゃんも喜ぶだろうと思います!!

妊娠をすると食べ物の好みが変わったり、体質に変化があると聞いてはいたのですが、

私もまさにその通りになってしまって…特に悩まされたのは、蕁麻疹です。

最初に症状が出たのは、まだ妊娠初期の頃の演奏会後だったのですが、

ドレスを脱いでみるとお腹周りに赤いプツプツが沢山出ていました。

その後暫くは、腕に出たり、足に出たり…とにかく演奏会後は必ずといった感じでした。

一度出てしまうと、自然に治ることはあまりないようで、安定期に入ってから

塗り薬を処方して頂き、今は大分落ち着いています。


蕁麻疹が出る理由は様々考えられるので、私の場合も具体的な原因はわかりませんが

いつも演奏会の後だった、ということもあって、肌が衣裳の生地に敏感になっているのかな?

と思ったりしています。

ステージのみならず、ウェディングなどでもドレスを着る機会のある新婦さんがいらっしゃる

と思うのですが、長時間直接触れる部分(特に上半身)は、コットンなど吸水性のある

下着を付けるなど、汗が肌に残らないようにする用にすることをオススメ致します。

また初期のころは、ドレスの締め付けで気分が悪くなったり、肌にストレスがかかることも

あると思いますので、こちらも気を付けたいところですね!

衣裳選びについては、改めてまた書きたいと思っています。


妊娠中の肌のトラブルについて、私の通っている産婦人科の助産師さんから

“オイルが良いですよ!”とアドヴァイス頂きましたので、

オブヘアから出ているフランキンセンスのアルガンオイル(左写真の黒いボトル)や、

ドイツにいた頃から入浴剤やハンドクリームを気に入って使っていたヴェレダの

マタニティ用のオイル(右の写真)などを使ってみています。

これらを選んだ理由には、香りが気に入った(というより大丈夫だった…?!)

ということも大きなポイントとなりました。

ツワリの頃には、ありとあらゆるニオイに敏感になってしまって、

髪の長い私は、自分の髪に残ったシャンプーのニオイすら嫌になる程でしたから…!

そちらの問題も色々試行錯誤して、今は左写真の白と黒のボトル(これはヘアミルクですが!)

マグノリアの香りがとても落ち着くので、シャンプーもトリートメントもこのシリーズです。

つい先日、秋の軽井沢を満喫してきました。紅葉のピークは過ぎてしまっていたのですが、

それでも心と身体をリフレッシュ出来た小旅行となりました。

地元の新鮮で美味しい食材を使ったお料理も最高で、次回は子供と犬と一緒に…!!

と思っています!!

私の場合、安定期に入ってからは本当に体調も良く、

長距離の移動もあまり負担には感じません。(もっとも、これまで

日本とヨーロッパを30回以上往復してきているので、国内の移動はもともと

“長距離”には感じないのかもしれませんね…?!)今ちょうどツワリなどでご苦労されて

いる方もいらっしゃるかと思うのですが、体調が落ち着かれましたら

是非マタニティライフを楽しまれて下さいね!!