7月の演奏会を振り返って

7月8日には学習院ブラームスOB合唱団の皆さんと、東京オペラシティコンサートホールにて

ヘンデル作曲『メサイア』をご一緒させて頂きました。

広く高さのある会場が、神聖な音と声で満たされ、最後に全員で演奏する“アーメンコーラス”では

ヨーロッパの教会にいるかのような気持ちになりました。

『メサイア』は既に何度も歌わせて頂いていますが、思い返してみますと

 ウィーン楽友協会、横浜、大阪などなど、全てが小泉ひろし先生指揮での演奏です。

一人で練習している時には“難しい”と感じる部分も、先生の指揮に導かれて

本番では何故かスンナリ歌えてしまったり…!!

そういう舞台での経験は、学生生活を終えてしまった私にとって、最高のレッスンになります。

皆さま、ありがとうございました!!

 

7月17日は私の出身地・神奈川県のオーケストラ、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の

チャリティコンサートに出演させて頂きました。

(写真は神奈川フィルのブログから拝借しました…!問題がある場合は削除致します。)

神奈川県にゆかりのあるアーティストが集合しての、豪華な公演となり、

黒岩祐治県知事もお越しで、アンコールでは飛び入りで指揮もご披露されました。

最近、少しずつではありますが、光栄なことに色々な場所で歌わせて頂いております。

でもやはり地元に戻ってみると、高校生で声楽を始めた頃の初心に戻るというか…

客席にしか足を踏み入れたことがなく、当時は、まさかその舞台に立てるとは

思ってもいなかった様な思い出深いコンサートホールも多いため、

改めて日々の環境に感謝すると共に、身の引き締められる思いが致します。

公演にお越し下さった皆さまに、御礼申し上げます。