NHKスペシャル『知られざる大英博物館』!!

こんにちは!気がつけば梅雨も終わりかけ…明日からは7月ですね!

今月は10日間ほど、イタリアに行って参りました。

写真の終わり2つはその時のものです!これまでドイツ物を中心に勉強をしてきた私にとっては

人生で初めてともいえる、イタリア人とのイタリア音楽漬けの充実した日々で、

とても良い経験をさせて頂きました。この成果は来年皆さんにお見せ出来る予定です!

 

そしてイタリアから帰国して早々に、NHKスペシャルの放送を観ました!

約2ヶ月前にレコーディングした際は、まだ完成したものを聞いていなかったので、

放送はわくわくドキドキ、といった感じで観ておりました。

作曲家の岩代太郎さんは、私の声や音楽性が充分発揮出来るように

話し合いながら、本当に丁寧なレコーディングの環境を作って下さるので、

慣れない私も、緊張することもなく、良い状態で臨めたと思っています。

番組そのものもとても興味深いもので、明日の「古代ギリシャ」、

来週の「日本」も期待が出来ます!是非ご覧下さいね!

写真はNHKのスタジオで、岩代さん、スタッフの方々と。

 

写真とともに過去のコンサートを振り返りますが…

4月には伊勢神宮式年遷宮奉祝演奏会に出演させて頂きました。

満席となったサントリーホールで、お祝いにふさわしい華やかな作品を

円光寺マエストロ指揮の読響の皆さんと歌わせて頂き、

演奏会後半には天皇皇后両陛下もご臨席になられました。

 

そして先月は群馬県富岡市でバッハ『ロ短調ミサ』を歌わせて頂きました!

この公演は本来、昨年の3月終わりに予定されていたのですが、

震災後の節電や計画停電との関係で、一旦白紙となっていました。

それでも、合唱団と群響の皆様の熱意で、同じ出演者、同じ会場、同じ演目…と

今回の公演を実現されました。

当日のステージ上は、出演者全員の強い想いのこもった熱演で、

1曲1曲が終わるごとにお客様が拍手をして下さり、私もとても感慨深かったです。

写真は広上マエストロ、ソリストの皆さんと!

 

まだスケジュールには載っていませんが、11月終わりから12月あたまにかけて

ドイツの少年合唱団と一緒に、クリスマスコンサートでいくつかの都市をまわります!

昨日、プログラムの打ち合わせを行いましたが、会場によってはパイプオルガンも入りますし、

本場の教会音楽を味わって頂ける素敵な公演になりそうですので

こちらもお楽しみに!!!