“第九ひろしま2011”と東京文化会館の第九演奏会

 

連日の公演となりましたが、広島と東京で第九を歌わせて頂きました!

 

第九ひろしまは、今年で27回目を迎えた大変大きな規模の演奏会となりました…!

合唱は市長さんも参加されての、なんと1400名(だったかな?!)、

そしてあの一番有名な旋律の所では、会場の照明が明るくなり

お客様も起立されての大・大・大合唱!!!

また広島交響楽団の演奏には、震災により大きな打撃を受けた

仙台フィルハーモニー管弦楽団からファゴット奏者の水野一英さんが客演して下さり

思いのこもった熱い演奏を聴かせて下さいました。

共演者の皆さんもスタッフの皆さんも、とにかく明るく楽しい方ばかりで

リハーサルからず〜っと笑ってばかりの時間を過ごさせて頂き、本当はもう少しノンビリ

広島の空気を味わっていたかったのですが、公演終了後は慌ただしく新幹線に飛び乗りました…。

でも、念願だったお好み焼きも食べさせて頂きましたし、お土産で尾道ラーメンや

もみじ饅頭などなどしっかり買って参りました!またいつかご縁がありますように…。


(今週末にはテレビ、そしてラジオでの放送もある様ですので、

またNEWSのほうなどでお知らせさせて頂きます。)

 

翌日は、東京文化会館での公演でした。同じ曲でも、テンポや息継ぎなど、

指揮者や共演者によって変わってくるものですので、短いリハーサルの中で

上手く対応出来るか心配もあったのですが、東京交響楽団の力強い演奏と、

見事なまでに美しいハーモニーを聞かせて下さった東響コーラスの響きに包まれて

本番では私も気持ち良く歌わせて頂くことが出来ました。

また、初めて“前”で歌わせて頂きました!

これまではいつも、オーケストラと合唱の間で歌っていたのですが、

今回はマエストロの目の前(!)で歌わせて頂き、オーケストラや合唱の音がちょうど良く

混ざり合って聞き取れ、美しい音楽をより楽しませて頂きました。

 

写真は、東京文化会館の公演後や新幹線の中から見えた富士山、

そして昨年に引き続き頂戴した三重県御浜町の美味しいみかんですなどなどです!!