東日本大震災復興支援 ニュースサービス日経チャリティコンサート

 

震災復興に向けて、公演終了後はロビーで募金箱を持たせて頂きました。空調が充分に行き届かない中であったにも関わらず、信じられないくらい沢山のお客様が、最高の笑顔とともに駆け寄って下さり、快く募金にご協力下さいました。こちらにつきまして、まずは皆さまに心から御礼を申し上げます。演奏直後にあんなに多くのお客様と身近にお話させて頂いたのは、初めてだったかもしれません。感無量で胸が一杯でした!!お預かりさせて頂いたお金につきましては、また報告を受け次第詳細をご報告させて頂きます。

 

(7/5追記:多くの方々のご厚意により、52万3164円の義援金が集まりました。日本赤十字社を通じて震災復興に役立てて頂く予定です。)

 

演奏のほうは前半が「祈り」、後半が「希望」というテーマとなりました。普段演奏会で取り上げないような作品まで、曽我マエストロがアレンジをして下さったお陰で歌う機会に恵まれました。特にマエストロが震災直後に作曲をされたKIBOWという曲は、覚和歌子さんの美しい詩が胸にグッと突き刺さるような思いがいたしました。(先日、歌手の島谷ひとみさんが初演をされたのですよ!私はリハーサルを聴かせて頂いたのですが、透明感のあるピュアな歌声で切々と歌われていて、とても素敵でした!なぜ“KIBOU”ではなく“KIBOW”かというと、歌詞の中にある虹(Rainbow)にちなんでいるそうです。)

 

とっても早起きで(!)ユーモアたっぷりのマエストロをはじめ、顔なじみの方がちらほらいらして嬉しかった東京ニューシティ管弦楽団の皆さま、主催で様々ご尽力を下さいました皆さま、本当に、本当にありがとうございました!!

 

色々とプレゼントを頂戴し、全部をご紹介することが出来ず心苦しいのですが、色鮮やかなお花が部屋を明るくしてくれています!リリーたちは浴衣デビューです!!